Search
Search Menu

ロレックスの歴史について。

ロレックスの歴史は、1950年に1人の青年からの始まりです。ロンドンに時計会社を設立した事から始まりました。その当時は懐中時計と言う、身に付ける物とは違い小型の携帯用時計を言います。その時代だったにも関わらず、将来を予想して1907年にスイスに事務所を移転しました。そこから本格的に製造を始め、その翌年にはロレックスと言うブランドを創り上げました。防水性にも優れ実際にロレックスを付け海で検証もしました。その中でもロレックス デイトナという種類は1番の人気です。文字盤のデザインやケース形状など多様で、1番の人気とされています。マイナーチェンジを繰り返しながら、微妙に違ったロレックス デイトナになっている為、その部分でも人気の秘密になっています。ですがマイナーチェンジは公表しません。それでも新鮮さを失わないので、沢山の著名人からも愛されている時計です。2016年にロレックス デイトナは新しく夏に発売されます。16年ぶりとなり、1つはスチール製モデルになります。価格は約118万円です。変わったのはデザインで、ベゼルと言う時計の主となる、ガラス部分を縁取っている部分がセラミックになりました。耐久性に優れて傷つきづらく、色褪せません。そしてもう1つ2016年に発売されるタイプは、大きさにこだわった時計です。以前のロレックス デイトナのケース形34mmから40mmに大きくなって発売されます。価格は約59万円です。